驚くほど可愛らしい妖精。
美術館などあらゆるイベント会場に神出鬼没すると言い伝えられている。

「心眼」の入った目隠しは、ものごとの真・善・美を本当に見抜くためには、肉体的な視覚に頼らず、「心の眼」で対象を見なければならないことを示唆する。

また、ふたつの翼は、天上に存するという理想的な美の世界への憧れを、大地を踏みしめる両足は、地上に住まうことを課せられた人間存在の本然的な苦悩をそれぞれ象徴している。

つまりイベチャンは、「人間は弱くはかない生き物だが、それゆえに希望を持ち続けることが大切だ、さすれば我の如き美しき存在になれるだろう。」という啓示を体現しているのだ。




◆キーホルダー 700円(左)

◆ストラップ 800円(右)











イベチャンは、兵庫県立美術館のオリジナルマスコットキャラクターです。

「何でも吸い込む口」
「ほんとのことを見抜く目」
「どこにでも入り込む足」
「飛ぶことができない羽」
を持った、不思議で可愛いイベントの妖精です。

イベチャンのグッズは美術館内で販売している他、
ASCのアートイベントでも販売しています。

イベチャンの公式ホームページ